【鎌倉】安産祈願で有名な大巧寺(おんめさま)で安産祈願!安産御守で性別占いができる!?

スポンサーリンク
たぬ子ダイアリー

鎌倉にある安産祈願で有名な「大巧寺」へ行ってきました。
安産祈願にも、観光にも、お散歩にもおすすめのお寺です。

スポンサーリンク

安産祈願について

安産祈願は、安定期に入った妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に行くもの

安産祈願は、安定期に入った妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に行くものと言われています。
犬は多産で、お産も軽いことから、その犬にあやかって戌の日に安産祈願をする様になったようです。
ただ戌の日にこだわる必要はなく、都合の良い、体調の良い日に行けば良いとのことです。

安産祈願で有名な大巧寺(おんめさま)

大巧寺は、神奈川県鎌倉市にあるお寺です。
別名「おんめさま」と呼ばれ、安産を祈願する人が全国から訪れる安産祈願で有名なお寺でもあります。

大巧寺は、神奈川県鎌倉市にあるお寺。

大巧寺はJR鎌倉駅東口から徒歩3分。
若宮大路沿いのビルの間にあるお寺です。

別名「おんめさま」と呼ばれ、安産を祈願する人が全国から訪れる安産祈願で有名なお寺でもあります

室町時代、住職の日棟が難産で死んだ秋山勘解由の妻を供養し、成仏させました。
その後、産女霊神(うぶめれいしん)・安産の神として奉ったとされています。
それ以来、安産祈願のお寺として多くの人に親しまれてきたようです。

「おんめさま」は安産祈願のお寺として多くの人に親しまれてきた

大巧寺で安産祈願をお願いすると住職さんが出産予定月末日まで毎朝御祈祷してくださいます。
また安産御守で性別占いができるとも言われています。

鎌倉大巧寺へ安産祈願に行ってきた!

鎌倉の大巧寺へ安産祈願へ行ってきました。
妊娠5ヶ月目の最初の戌の日は平日で仕事があり、2度目の戌の日は日曜日で混雑しそうだったので、戌の日ではない通常の休日に行ってきました。

鎌倉の大巧寺へ安産祈願へ

大巧寺は鎌倉駅を降りて、若宮大路を渡ってすぐの駅近のお寺です。

訪れたのは休日の午前中。
夫婦やそのご両親、お礼参りの小さな赤ちゃん連れ何組かとすれ違いましたが、比較的空いていました。

鎌倉の大巧寺へ安産祈願へ

お寺の左右は近代的なビル。
一方、その間にある大巧寺では自然が豊かで、季節ごとに咲くいろいろなお花を楽しめます。

鎌倉の大巧寺へ安産祈願へ。大巧寺では自然が豊かで、季節ごとに咲くいろいろなお花を楽しめます

小道を進むと、見えて来る手水舎。

鎌倉の大巧寺へ安産祈願へ

手水舎で清めた後、本堂で安産を祈願しました。

鎌倉の大巧寺へ安産祈願へ

本堂の右手にある建物が安産腹帯守授与所。
こちらで安産御守を購入できます。

鎌倉の大巧寺へ安産祈願へ。安産腹帯守授与所。

中は狭いので、入れるのは1人だけ。外で人が出て来るのを待ちます。
今回は1人待ちでした。

今回は安産御守と安産腹帯を購入。

  • 安産御守 2,500円
  • 安産腹帯 2,500円
鎌倉の大巧寺へ安産祈願へ。安産腹帯守授与所

安産御守をお願いする場合は、氏名、年齢、住所、出産予定日を伝えます。
そうすると住職さんが出産予定月の末日まで毎朝安産を祈祷してくださるそうです。
出産予定日がずれ込んだ場合でも安心ですね。

鎌倉の大巧寺へ安産祈願へ。購入した安産御守

安産御守を受け取ったら、その場での祈祷はないので、時間はあまりかかりません。
そのためか安産祈願の予約は不要です。

大巧寺の安産御守と安産腹帯

こちらが安産御守と安産腹帯です。安産腹帯は晒でした。
既に持っている腹帯(晒・ガードル)を持参すれば、帯印のみを受けることもできるようです。

大巧寺の安産御守と安産腹帯
安産御守と安産腹帯

こちらは安産御守のセット内容。

大巧寺の安産御守
安産御守のセット内容

左から

  • 注意書き
  • 御供米袋
  • 腹帯守
  • 麻の紐
  • 御札
  • 秘妙符

同封されている注意書きに詳しくどうすれば良いのかが書いてあります。
出産後は、御供米袋にお米を詰めて、お礼参りに行くそうです。

大巧寺の秘妙符と性別占い

秘妙符の中には、3つの赤い粒が包まれていて、1粒は出産予定月の1日、2粒は出産当日に飲むようにとのこと。

実はこの包み紙の色で性別の占いができると言われています。

赤の金魚なら女の子、白の兜型なら男の子。
この占いが相当当たると噂だったので、とても楽しみにしていました。

ドキドキしながらの開封。
占いの結果は赤い包み紙で女の子でした!

秘妙符の中に入っているのが赤の金魚なら女の子、白の兜型なら男の子。
赤の金魚なら女の子、白の兜型なら男の子

戌の日の大巧寺の混雑

戌の日の大巧寺の混雑

今回私が訪れたのは通常の土曜日。
午前中に参拝し、授与所は1人待ちでした。

この翌日が日曜日の戌の日だったのですが、その日は境内の外まで授与所への行列が出来るほどの混雑だったようです。
実際に日曜日の戌の日に大巧寺を訪れた方のブログを拝見しましたが、想像以上の混雑でした。

大巧寺のホームページでは

  • 戌の日
  • 大安の休日
  • 午前中から昼過ぎ

こちらは混雑する傾向があるとのことです。

長時間並ぶのは体力的にもキツイと思いますので、日程や時間をずらして訪れるのがおすすめです。

おんめさま 大巧寺 詳細

おんめさま 大巧寺 詳細
名称おんめさま 大巧寺
住所〒248-0006
神奈川県鎌倉市小町1-9-28
アクセスJR鎌倉駅東口 徒歩3分
TEL0467-22-0639
参拝時間9:00~17:00
※安産腹帯守授与受付時間
拝観料無し
休日無し
駐車場12台
安産祈願安産御守授与 2,500円
安産腹帯授与 2,500円            
戌張子 2,500円  
※予約不要
公式HPおんめさま 大巧寺

大巧寺の安産祈願 まとめ

鎌倉にある大巧寺に安産祈願で訪れました。

海外や日本全国からも祈願に訪れる人が多い安産祈願で有名なお寺です。

安産祈願に訪れるのも、四季の花を楽しむために観光やお散歩で訪れるのもおすすめのお寺です。

鎌倉駅からすぐとアクセスも良いので、是非立ち寄ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました