【Olympic】オリンピックの生食パンはしっとりなめらかで美味しい!安くてオススメ!【生食パン】

スポンサーリンク
オススメグルメ

Olympicの生食パンは、リーズナブルなのに本格的でとっても美味しいです。
今回は【Olympicの生食パン】を食レポします。

スポンサーリンク

【Olympic】リピーター続出の生食パン!

Olympic(オリンピック)は首都圏に店舗を構えるスーパー・ディスカウントストアです。
食品だけでなく日用品もお手頃価格で購入できます。

今回はOlympicのパン工房で生食パンを購入しました。
Olympicのパン工房は店内でパンを焼き、出来たて、手作りのパンを販売しています。
生食パンはパン工房の商品の中でも売り出している人気商品のひとつです。

Olympic生食パン本体価格198円
Olympic生食パン本体価格198円

リピーター続出の新食感」という通り、私も何度もこの生食パンをリピートしています。
人気なので閉店間際に行くと売り切れていることも多いです。

「リピーター続出の新食感」大人気生食パン
「リピーター続出の新食感」大人気生食パン

生食パンに、豆乳を乳酸菌で発酵させてつくった「豆まーじゅ」という大豆クリームを使用することで、そのまま食べても、次の日食べても、冷やして食べてもしっとり美味しいです。
卵を使用してないので卵アレルギーの方でも食べれるというのもポイントです。

Olympicの生食パンはFABEXの惣菜・べんとうグランプリ2020調理パン部門で優秀賞を獲得
BEX惣菜・べんとうグランプリ2020優秀賞

またこのOlympicの生食パンはFABEXの惣菜・べんとうグランプリ2020調理パン部門で優秀賞を獲得するほどの実力。
美味しいのも納得ですね。

通常の生食パンの他に、ピスタチオの生食パンもありました。(こちらは次回リベンジしたい…!)

ピスタチオペースト使用の生食パン本体価格500円​
ピスタチオペースト使用の生食パン本体価格500円
ピスタチオペースト使用の生食パン本体価格500円​

ではこちらのOlympicの生食パンを実食します。

【Olympic】ふわもち!生食パンを実食!

Olympicの生食パン。
見ての通りかなり小ぶりです。手のひらに乗る半斤サイズ?です。

Olympicの生食パンは小ぶり、手のひらに乗る半斤サイズ?
小ぶりなサイズ

このサイズ感がいいですね。
他店の生食パンは2斤サイズで販売していることが多いのですが、1人で食べ切れるこのミニサイズはありがたいです。

お値段もリーズナブルな198円(税抜)。
1,000円近くする生食パンが多い中、気軽に試せる価格設定です。

Olympic生食パン198円(税抜)
198円(税抜)

カロリーは100gあたり228kcal。
1袋232gだったので約529kcal位です。

カロリーは100gあたり228kcal。1袋232gだったので約529kcal位。

早速生食パンを食べるのですが、生食パンのおすすめの食べ方は「そのまま食べる」です。
食パンはトースト派の私でしたが、生食パンと出会ってそのまま食べる食パンの美味しさに気付きました!

Olympicの生食パンも「まずはそのまま」食べるのがオススメされています。

Olympicの生食パンも「まずはそのまま」食べるのがオススメされています。
まずはそのまま食べる

袋から出してみると小ぶりな割にずっしり重い。
中身が詰まっているのが重さでわかります。

袋から出してみると小ぶりな割にずっしり重い。
ずっしり
袋から出してみると小ぶりな割にずっしり重い。
おもい

手でちぎって食べるのが好きなので、手でちぎってみます。

手でちぎって食べるのが好きなので、手でちぎってみます。
しっとり、ぎっしり

ちぎると弾力がすごいです。
食べる前からもちもち感が。きめ細かくて中身がぎっしり詰まっています。

食べる前からもちもち感、きめ細かくて中身がぎっしり。
弾力がすごい

食べてみると、味はほんのり甘い。何もつけなくてもそのままで十分美味しいです。
舌触りも柔らか、もちもち、なめらか。パサパサせず、しっとりとみずみずしいです。

Olympicの生食パンは食べてみると、味はほんのり甘い。何もつけなくてもそのままで十分美味しいです。
なめらか、みずみずしい

今までトースト派だった理由のひとつは、食パンの耳が苦手でトーストしないと食べれなかったからですが、このOlympicの生食パンの耳は固くなくもちもちで柔らかい。
しかも少し甘みも強く感じられる気がしてクセになります。

Olympicの生食パンの耳は固くなくもちもちで柔らかい
耳も美味い

いつも「購入日にそのまま食べる」「翌日そのまま食べる」「トーストして食べる」と3通りの食べ方をしたいのですが、美味しすぎて買ったその日に食べ切ってしまうことがほとんどです。
が、今回は食べ切らずにトーストもしてみました。

Olympicの生食パンをトースト
少し焦げた

バター塗ってしっかりめにトースト。
外はカリカリ、でも中はしっとり柔らか。

Olympicの生食パンをトーストしたら外はカリカリ、でも中はしっとり柔らか。
外はカリ、でも中はふわ〜

そのまま食べられるのも美味しいですが、トーストしてもこれまた美味しい。味変にもなるので飽きずに食べられます。

Olympicの生食パンはトーストしても美味い
そのままでもトーストでも美味しい

食べ始めたら止まらなくなるので食べ過ぎ注意です。

【Olympic】生食パン 商品情報

【Olympic】生食パン 商品情報
名称Olympic 生食パン
価格税抜198円
カロリー100gあたり228kcal
公式HPOlympicパン工房

【Olympic】生食パンを食べてみて!

Olympicの生食パンを食べてみました。
ほのかな甘みと、しっとりもっちり弾力があって、とても美味しい生食パンでした。

小ぶりサイズなので1人でも1日で食べ切れます。
でも翌日に食べるとより甘さが増すので、少しずつ食べるのもいいですね。
そのまま食べたり、トーストしたり、冷やしたり。
約200円とリーズナブルなので、リピートして色々な食べ方を試せるのも嬉しいです。

Olympicに立ち寄った際は是非食べてみてくださいね。

【シルクブレット】イトーヨカドーの耳までやわらかい生食パンを食べてみた!【生食パン】
イトーヨカドーで販売している耳までやわらかい生食パン、シルクブレットを食べてみました。余計なものを使用せず、カナダ産高級小麦粉、北海道産生クリーム、バター、蜂蜜など素材にこだわった生食パンはほんのり甘くしっとりとした味わいに仕上がっています。
【Ivorish】フレンチトースト専門店のフレンチトーストフィナンシェが絶品!食パン型で可愛い!ギフトにオススメ!
アメリカンスタイルの新感覚フレンチトースト専門店のIvorish(アイボリッシュ)。Ivorishのフレンチトーストフィナンシェがとても美味しかったのでご紹介します。食パン型で可愛くてギフトに喜ばれること間違いなしです。
【フルーツサンドドンパン】食パン専門店a donpanの高級食パンを使用したフルーツサンド店がNewOpen!【横浜ポルタ】
神奈川県横浜市青葉区の食パン専門店 a donpan(ドンパン)の高級食パン「かえで」を使用したフルーツサンド専門店が横浜ポルタに2020年8月27日(木)新オープン。新鮮なフルーツと特製のメイプルクリームをサンドした贅沢なフルーツサンドは食べる価値ありの美味しいスイーツでした。
【コウジ サンドウィッチ スズムラ】開店前から行列ができる大人気のサンドイッチ専門店【千葉県野田市】
コウジ サンドウィッチ スズムラ(Kouji Sandwitch Suzumura)は千葉県野田市にあるサンドイッチ専門店です。メディアにも多数紹介されていて平日でも行列ができる大人気のサンドイッチ屋さんです。サンドイッチは野菜系、惣菜系、スイーツ系があり、50種類ものサンドイッチが毎日用意されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました